業界を比較するということ

 転職する場合には自分の今までおこなってきた事、また経験がある仕事を活かす事を第一に考える人が多いです。しかしながら自分の経験のある仕事の求人が常にあるとは限らないのが実態です。しかも、転職したところで、必ずしも現在働いている会社よりも待遇面や勤務条件が良くなるとは限らないのです。逆に条件が良くなる会社の数の方が少ないのです。今会社で働いていて他の会社を探している人は少なくとも今よりも給与があがるとか、残業時間が少なくなる等のメリットを求めているはずです。しかしそれは難しくなっています。そのため、転職でメリットを得るためには、自分の経験ある仕事にこだわりを持たないことも必要なのです。
 今人気があり勢いがある業界での求人においては未経験者であっても採用してくれるところは多いです。特に年齢が若ければ一から鍛えてくれる企業も多くあります。他と比較しても勢いがあり伸びている企業においては常時人材不足であり、同時に人材を育てることも必要なのです。そのためその仕事に興味があり、やる気のある未経験者であっても積極的に採用をしています。どこが人材不足なのか、未経験でも採用してくれる求人数が多いのはどこか等は新聞等を見ているとわかります。またそのような分野では多くの企業が進出したり起業したりしているためにニュースにもなっています。自分の仕事ベースではなく業界ベースで比較し、毎日ニュースを見ることで業界の動きを知ることができます。